プロテクト乳酸菌の名前の由来は

プロテクト乳酸菌 名前の由来

プロテクト乳酸菌の名前の由来は

プロテクト乳酸菌とは食品メーカーのサントリーによって発見された乳酸菌です。
漬物や味噌などの発酵食品に含まれる植物由来の乳酸菌の中から1000株以上の植物由来の乳酸菌の中でも京漬物のしば漬けから発見したS-PT84株が免疫力を高めることが発見されました。

他の乳酸菌に比べて細胞壁が厚いために胃酸にも強く腸まで届きやすい特徴があります。

更に細胞壁とは、免疫力を高める免疫活性成分であり細胞壁が厚ければ厚いほど、免疫活性成分の量が多くなり、免疫力を高める事が分かりました。

プロテクト乳酸菌の摂取により免疫細胞のTh1細胞とNK細胞を活性化し、免疫力を低下させる原因といわれるストレスやインフルエンザなどのウイルス、アレルギー等に対する免疫力の向上という結果が得られました。

プロテクト乳酸菌の名前の由来は免疫活性成分である細胞壁に守られる(プロテクトされる)乳酸菌ということでプロテクト乳酸菌と名付けられました。

プロテクト乳酸菌はどのように摂取するのか

プロテクト乳酸菌は、京都三大漬物のひとつに数えられるしば漬けから発見された植物性の乳酸菌です。
プロテクト乳酸菌 名前の由来

しば漬けの独特の酸味は乳酸菌によるもので、長年の研究によって免疫活性力を高める優れた成分であることが裏付けられました。

プロテクト乳酸菌と市販されているヨーグルトに含まれる乳酸菌は、細胞壁の厚みが違います。

一般的な乳酸菌が胃液や胆汁酸などの消化液に耐えられず死滅してしまうことが多いとされるなか、腸まで生きて届く耐性を備えたプロテクト乳酸菌は、健康維持に役立つ次世代乳酸菌として注目されています。

毎日しば漬けを食べるだけでも効果がありますが、食事からの摂取がむずかしいときはサプリメントを利用するのが最も効率的な方法です。

腸内の善玉菌を増やして免疫力を向上させ、風邪をひきにくくするほか、インフルエンザワクチンとの相乗作用が認められていますので、ワクチンの接種前に摂取すればウイルスを寄せつけない強い体へと導いてくれます。