プロテクト乳酸菌は何から取れるのか

プロテクト乳酸菌は何から取れるのか

乳酸菌は、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2種類に大きく分けることができます。

古くから食事に取り入れられていた、漬物や味噌などの発酵食品といわれるものに多く含まれているのが、植物性乳酸菌になります。

これまで京漬物から、1000株以上の乳酸菌が発見されています。数多く存在する乳酸菌の中に、プロテクト乳酸菌と呼ばれるものがあります。
プロテクト乳酸菌

これは何から発見されたのかというとしば漬けになり、この中にプロテクト乳酸菌があるのを見つけだされています。

これは細胞壁が厚いことから、身体の中の胃酸や胆汁などの影響を受けることが少ないため、腸内まで届くのに死滅する可能性が低いといわれています。

また厚い細胞壁には、免疫活性成分が含まれていることから、より細胞壁が厚いほど免疫力を高める強さがあるようです。

プロテクト乳酸菌を摂取することで、免疫細胞が活性化することになり、ウィルスなどに対する抵抗力が上がることが期待されています。